フラワーエッセンス東京|池袋・渋谷・代官山・川口・赤羽・所沢・川越・自由が丘・横浜・宇都宮・大宮・浦和・埼玉からアクセス便利!

フラワーエッセンス東京

フラワーエッセンスについて

2014年11月10日

  1. HOME >

フラワーエッセンスについて

フラワーエッセンスとは?

35268345フラワーエッセンスは、英国王室のメイン医療である同種療法(ホメオパシー)の考え方をベースにしたものです。花びらに溜まった朝露を摂取するという形で古代より用いられてきた植物療法であり、約70年前にイギリスのバッチ博士により「フラワーエッセンス」として体系化されました。フラワーエッセンスは、感情や気質に効果的に働きかけるもので、欧米にて大きな注目を集めています。

花の持っているバイブレーション(波動)が、怒り、恐れ、不安、嫉妬、寂しさ、悲しみ、自信喪失、気力の低下など日常的に陥りがちなネガティブな感情を、ポジティブな方向に向け、バランスを取るのをサポートしてくれます。バイブレーションは特殊な機械を使わない限り、殆ど目で見ることは出来ません。しかしとても強い影響力を持っています。例えば感動的な音楽の音波は耳から入り、感情へ、更には魂レベルまで作用します。フラワーエッセンスは体内に取り入れることで、植物の持つバイブレーションが魂の深い部分に働きかけ、心を癒し、本来の活き活きとした自分を取り戻す手助けをしてくれます。"生命"あるもの、人間だけでなく動物、植物のすべての感情に対して働きかけてくれます。

DTWフラワーエッセンスとは?

35220072DTWフラワーエッセンスはカナダで30年以上の臨床経験を積んできた現役の医師、Dr.テリー・ウィラードが開発し、クリニックで実際に処方されているフラワーエッセンスです。Dr.テリー・ウィラードが臨床を重ね、現代人の悩みを解消するために開発したモダンフラワーエッセンスです。
現在、日本人の気質や社会背景を考慮して選びだされた36種類のシングルフラワーエッセンスと、目的別にブレンドされたフォーミュラ10種(2014年11月現在)が日本で入手できます。また、アルコールやビネガーを使用せず植物グリセリンで作られている為、赤ちゃんやニオイに敏感なペットにも安心してお使い頂けます。

世界唯一!!現役ドクターが開発するフラワーエッセンス

about_fe_02

現在フラワーエッセンスは世界中で数百種類あると言われておりますが、現役の医師が栽培から製造、臨床までの管理をしているのは、この「DTW Flower Essence(ドクター・テリー・ウィラード フラワーエッセンス)」だけです。開発者であるDr.テリー・ウィラードはクリニックの診療に早くからフラワーエッセンスを取り入れておりました。しかし、フラワーエッセンスが開発された約70年前と現代とでは、人々が心に抱える問題が大きく変化し、従来のフラワーエッセンスだけでは対処しきれない事を日々の診療の中で実感。自らフラワーエッセンスの開発に乗り出しました。多くの人や患者の協力の下、200種類以上のフラワーエッセンスを開発、それがDTWフラワーエッセンスです。時代とともに変化する現代人の心の状況に合わせて、今も新たなフラワーエッセンスが開発され続けています。

モダン・フラワーエッセンス

時代が目まぐるしく移り変わり、過剰なストレス社会に生きる、現代人のためのフラワーエッセンスです。今後も時代の変化や社会的背景などをもとに、必要と思われるフラワーエッセンスが追加されていきます。

日本人のためのフラワーエッセンス

現在Dr. テリー・ウィラードは診療の中で200種類以上のフラワーエッセンスを使っています。その中から日本人の特徴的性質や文化的背景の中で陥り易いマイナス感情に合わせて36種のシングルエッセンスと、目的別のフォーミュラ10種(2014年11月現在)を選びました。世界的に見ても感情の抑圧が強い言われる日本人。お医者様の手で作られた日本人の為の初めてのフラワーエッセンスです。

「Kosher」グリセリンを使用

DTWフラワーエッセンスは、赤ちゃんやニオイに敏感なペットでも安心してお使いいただけるよう、「ココナッツグリセリン」を使用。更にそのグリセリンの素材にもこだわり欧米では安心・高品質の代名詞のように扱われる、コーシャー(Kosher)グリセリンを使用しております。

※「コーシャー」(Kosher)とはヘブライ語で「ふさわしい」あるいは「適正な」という意味。欧米ではコーシャー食品は一般の食品よりも安全で高品質であるという評価をされています。

清浄な大地の湧き水を使用

世界的に見ても汚染が殆どなく、自然がそのままの形で保たれているカナダ。そのカナダで最も大自然が保たれているというロッキー山脈の中でも、高いエネルギーとヒーリング効果で知られている「Storm Mt.」の清浄な湧き水をベースウォーターとして使用。

最新情報が常にユーザーの方にもたらされます

今後もDr.テリー・ウィラードの診療や臨床実績などにより、フラワーエッセンスの使い方や効果的な使い方などがアップデートされ、それらの情報は全て、ドクター本人からDTW Japan社を通じ、日本のユーザーへの貴重な情報として伝えられてゆきます。

DTWフラワーエッセンス開発者

profile_01

Dr.テリー・ウィラードは薬用植物の特性・薬効効果などを、30年以上にわたり研究し続け、臨床医学ハーバリストとしてカナダ・北米において、この分野の第一人者として幅広く活躍しております。彼は雑誌・書籍及びラジオ・テレビ出演を通し、薬草植物の解説者としても定期的に活動しております(年間ラジオ約100本、テレビ20本)。また、彼の活躍の場はカナダから北米全土にまでわたり、多くの健康食品製造会社・製薬会社などで顧問としてハ-ブの調合に携わっております。その例としてはNatrol社、Natures Way社、Natures Herb社、Herbal Life社、Sun Rider社、Quest社など多数を含みます。講演活動としては、ナチュラルプロダクツなどのトレードショーのメイン講師として講演を努める他、多くの健康食品製造業社・製薬会社などでトレーニングも行なっております。さらに、植物の持つ「成分」だけではなく「エネルギー(波動)」にも注目し、クリニックの診療に早くからフラワーエッセンスを取り入れておりました。しかしフラワーエッセンスが開発された約70年前と現代とでは、人々が心に抱える問題があまりにも変化し、従来のフラワーエッセンスだけでは対応できなくなってきた事を日々の診療の中で実感。自らフラワーエッセンスの開発に乗り出しました。多くの人や患者の協力の下、約200種類のフラワーエッセンスを開発、それがDTWフラワーエッセンスです。彼はカナダ・カルガリーにてクリニックを経営し、世界中から訪れる患者を診療する一方で、植物療法の学校「Wild Rose College」において教鞭をとり、フラワーエッセンスを始めとする植物療法の深い知識を広めることに尽力、今では彼の生徒が世界中で活躍しております。またDr.テリー・ウィラードは1986年からカナダ連邦政府機関のHPB(カナダにおける米国FDA【Food and Drug Administration=米国食品医薬品局=】に相当)におけるハーブ及び植物調剤調合顧問委員に任命され活動を続けています。

1998年10月3日、Canadian Health Food Associationに最年少で殿堂入りを果しました。
Dr.テリー・ウィラードは現在カルガリー郊外ロッキーマウンテン傾斜地のオーガニック・ハーブファームに住み、日々薬用植物の研究に励んでおります。

生産地 カナダ

profile_02カナダアルバータ州最大の都市・カルガリー。昔、冬季オリンピックが開催されたことでも有名なこの都市は、ウィンタースポーツとエコツーリズムが盛んな場所として知られています。近年では産業が盛んで経済的な発展も遂げています。profile_05

ロッキー山脈の麓とカナダ平原の間に位置するカルガリーは、大きな平原や川を有し、国立公園など沢山の緑恵まれた自然の宝庫です。DTWのフラワーエッセンスはこの地で、Dr.テリー・ウィラードによって作られました。

この自然のエッセンス(要素)をたっぷりと吸い込んだフラワーエッセンスだからこそ、現代人のストレスや心の傷を癒し、自然で前向きな感情や心の平安をもたらしてくれることができるんですね。

 

フラワーエッセンスの選び方

  • 自分の心を正直にみつめながら、各フラワーエッセンス*の説明をお読みください。説明のキーワードが自分の心の状態や感情にマッチしていると感じるエッセンスが、今の貴方に必要なエッセンスといえます。
  • シングルエッセンスの場合は、その時の状態や感情により7種類まで組み合わせて使うことができます。
  • フォーミュラの場合は、目的別の中から最も必要だと思われるものをお選び下さい。また、フォーミュラに自分にとって必要性があると感じたシングルエッセンスをプラスして飲むこともできます。

使い方(飲用方法)

  • 使用量 : 各種1回4滴、1日3~4回
  • 使用量 : 各種1回4滴、1日3~4回
    下記「状況の変化への対応」をご覧下さい。
    フラワーエッセンス*(以下FE)は飲用するものです。緊急時や、頻繁に特定の感情を感じるような場合は、30分間隔で飲用することができます。

原液で使用する場合

  • 1回4滴を目安にしてください。howto_06
  • 少量のハーブティーなどの飲み物に、ボトルのスポイトから4滴入れて飲用します。複数のFEを飲用する場合、各4滴を一緒に入れて飲用します。
  • 口に直接4滴を垂らして飲むこともできます。その際は、スポイト(ガラス管)に直接触れないようにし、清潔に保つようにしてください。
  • また、300~500mlの水筒やペットボトル飲料などの中にFE原液を4滴入れて、数回に分けて飲むこともできます。その際は作ったその日に飲みきって下さい。

トリートメントボトル

性格や気質を改善したい時など、長期間に渡って飲用する場合に向く方法です。

  1. 10~30mlのスポイトボトルを用意し、そのビンの8分目位までミネラルウォーターを入れ、さらに9分目位までブランデーまたはウォッカや食用グリセリンを加えます。
  2. そこに必要と思われるFEを各4滴入れ、蓋を閉めた後で最低10回、瓶をリズムよく振ってください。これを1回につき4滴摂取します。

状況の変化への対応

  • 作用は穏やかに現れ、通常は2~3週間飲んで様子を見ます。
  • 状態が改善されているようであれば使用を終了したり、1日1~2回に摂取回数を減らす
  • 症状が出た時だけ飲む、他の感情が表に出てきたら他のFEに変える、などの調整ができます。

その他の使い方

  • ペットには飲み水やご飯(ペットフード)に混ぜて、植物にはじょうろの水に入れて与えることができます。

保存方法

  • お買上後は冷暗所に保管ください。
  • 開封後は冷蔵庫などに保存し早めにご使用下さい。

注意事項

  • フラワーエッセンス*は健康食品です。医薬品ではありません。
  • 開封後はスポイト(ガラス管)に直接触れないようにし、清潔に保つようご注意ください。
  • 温度差などにより稀に白いグリセリンの結晶が発生する場合がありますが、品質に問題はございません。

解説_女性2名_A001

 

TEL:03-6914-2708(11~19時/日曜日・祝日・特定日を除く)

お問い合わせはこちら

お悩みごとにヒーリングケアするフラワーエッセンスサロン
フラワーエッセンス東京
(運営会社:株式会社オールサポートセンター)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
フラワーエッセンス東京運営事務局

フラワーエッセンス東京運営事務局

こんにちは。フラワーエッセンス東京運営事務局です。当サロンの最新お知らせをアップしております。

2014年11月10日

Copyright© フラワーエッセンス東京 , 2019 All Rights Reserved.